マルシェジャポンキャラバン – 屋外マーケット

Client: マルシェジャポン

トラックマーケットとは、トラックに積載可能な移動仮設マーケット。

屋外での仮設マーケットの実施について、高いデザインの設備を低コストに行うことが出来ます。駅周辺の再開発エリアなど、歯抜けになったまま放置されている空き地などを活用し、賑わいを創出することで出店先地域の活性化により貢献することが可能です。

行政や、デベロッパー様など。空洞化する中心市街地の活性化の起爆剤にいかがでしょうか?

マルシェジャポンキャラバンとは?

マルシェジャポンは2009年秋、農林水産省の支援により全国8都市で始まった都市住民参加型の市場(マルシェ)です。

生産者の愛情やこだわりによって、日本の大地は美味しくて良いものを生み出してくれています。そんな愛すべき野菜やフルーツ、お肉などを生産地から直接お届けし手渡しする。

食材を作る人も、それを料理して食べる人もみんながわくわくする空間、それがマルシェジャポンです。

担当業務:設計監理・イベント設営
所在地:日本全国主要都市25ヶ所を巡回
共同設計等:主催:ぐるなび/総括:後藤健市(LLC場所文化機構)/運営:各地の生産者、ボランティア等
構造設計:坪井宏嗣(坪井宏嗣構造設計事務所)
施工:富士工業株式会社、アルコニックス株式会社、株式会社エコウッド
延床面積:36.1㎡~115.2㎡
用途:仮設市場・レストラン
竣工年:2010年10月
撮影:TAKAMURA DAISUKE
施主:LLC場所文化機構・株式会社ぐるなび

MEDIA

  • 2010 日経アーキテクチュア(2010年6月28日号) / マルシェ・ジャポン・キャラバン
© 2017 rewrite_GROUP. All Rights Reserved.