目白台の住宅

Client: 個人オーナー

東京都心に計画した2世帯住宅である。敷地周辺は木造の建物が密集している一方で、幅員22Mの環状第四号線の計画が進んでいる。
親世帯の地上階を分散した小さなヴォリュームと空地で構成し、子世帯の2階は、まとまりのある一つの大きなヴォリュームで構成した。分散的であり求心的でもある、両者を包摂した全体性の獲得を意図している。木造密集地と計画道路という2つのスケールを持った敷地に相応しい建築の形態の提案である。
全く異なる空間の質を積み重ね、上下階のヴォリュームが貫入することにより生まれた垂壁、腰壁が、それぞれの生活に互いに影響を与え、相補的な関係を生み出している。

地上階の4つの小さなヴォリュームはそれぞれ入隅部に向かって大きな開口が空けられており、一つ一つのヴォリュームそれ自体では構造的に自立できないが、2階のヴォリュームが重ね合わされることで荷重が伝達され、上下階が互いに寄り添いながら成立している。

担当業務:設計監理・新築
所在地:東京都文京区
共同設計:門脇耕三
構造設計:小西泰孝(小西泰孝建築構造設計)
施工:株式会社花実建設
敷地面積:177.44㎡
延床面積:165.10㎡
構造規模:木造3階建
用途:専用住宅(2世帯)
竣工年:2010年7月
撮影:清水謙
施主:個人

© 2017 rewrite_GROUP. All Rights Reserved.